ホーム › 連載・コラム ›  【No.60】PDCA

【No.60】PDCA2018年12月17日

PDCAとは、それぞれ英単語の頭文字でPlan → Do → Check → Actionと4つの段階を循環的に繰り返して実施することで、仕事を改善・効率化することができる方法のこと。「PDCAサイクル」とも呼ばれています。ビジネス用語としてよく用いられていますが苦情・クレームの現場でも取り入れることができます。

例えば、
①Plan/計画
 →過去のクレーム事案から対応マニュアルを作成する
②Do/実行
 →対応マニュアルを元に研修やお客様対応を行う
③Check/評価
 →②で良かった点や悪かった点を洗い出す
④Action/改善
 →③の結果を踏まえて対応マニュアルをアップデートする

こうして業務のプロセスを見える化して繰り返し実施し、より良い方向へ改善していくのが「PDCA」です。また文書化することで誰もが共通して対応できるようになり、業務の効率化も可能にします。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

日本アイラックは理想の『お客様相談室』構築・運営を全力サポートします。
選任担当者がおらず十分な対応ができていない
難易度の高いクレームが増えてきて困っている
スタッフによるスキル差が目立ちはじめた

……など

苦情・クレーム対応のことならお気軽にご相談ください。

※「クレームナビ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

03-5360-1403

お問い合わせ時間
9:30〜17:30(平日のみ)

お問い合わせ

関連記事