ホーム › 連載・コラム ›  【No.82】電凸

【No.82】電凸2020年4月22日

電凸とは、インターネットの掲示板から発生したスラングのひとつで「電話突撃」の略。企業、マスコミ、宗教団体、官庁、政治家、政党などに対して電話をかけるなどして、組織としての見解を問いただす行為のことを言います。いわゆる抗議の電話が相次ぎ、イベントの開催が中止になったり、CMの放送が取りやめになったりする事例があがっています。

困ったことに、こうした電凸のやり方を手引きする「電凸マニュアル」なるものがインターネット上に存在し、事態を激化させる要因のひとつになっています。電話口では、回答を求める質問を繰り返す、担当者の個人名を聞き出す、などの会話を長引かせてくるため、担当者が疲弊してしまうことも少なくありません。通常業務に支障を出さないためにも事前に対応方針を準備しておくことが大切です。

電凸だとの判断に至った場合は、「ご意見承りました」と言って切電するのがよいでしょう。何度も電話をいただくようであれば、電話の回数や時間などを記録しておき、警察や弁護士などの専門機関に相談することも有効手段です。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

日本アイラックは理想の『お客様相談室』構築・運営を全力サポートします。
選任担当者がおらず十分な対応ができていない
難易度の高いクレームが増えてきて困っている
スタッフによるスキル差が目立ちはじめた

……など

苦情・クレーム対応のことならお気軽にご相談ください。

※「クレームナビ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

03-6625-5380

お問い合わせ時間
9:30〜17:30(平日のみ)

お問い合わせ

関連記事