ホーム › 連載・コラム ›  【No.50】クライシスマネジメント

【No.50】クライシスマネジメント2018年7月30日

クライシスマネジメントとは「危機管理」のこと。危機は必ず発生するものという前提に基づき、主に危機が起こったときの対応とその準備のことを言います。人や機械・設備などに不測の事態が起こり、機能不全に陥ることを想定した初期の対応手段や二次被害回避のための仕組みのことを指します。

どんなに気を配っていても、天災や人為的ミスなどの避けられない危機が発生してしまう可能性はゼロにはできません。ダメージを最小限に抑えるためにも、日頃から具体的な行動指針を用意しておくことが重要です。

一方、似た用語に「リスクマネジメント」がありますが、こちらは「リスク管理」を意味し、主に危機が起きる前の対策を指します。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

日本アイラックは理想の『お客様相談室』構築・運営を全力サポートします。
選任担当者がおらず十分な対応ができていない
難易度の高いクレームが増えてきて困っている
スタッフによるスキル差が目立ちはじめた

……など

苦情・クレーム対応のことならお気軽にご相談ください。

※「クレームナビ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

03-5360-1403

お問い合わせ時間
9:30〜17:30(平日のみ)

お問い合わせ

関連記事