ホーム › 連載・コラム ›  【No.58】ホールパート法

【No.58】ホールパート法2018年11月16日

ホールパート法とは、伝えたい結論=Whole(全体)を最初に伝え、次に内容=Part(部分)を説明する話し方のこと。最初に全体像がわかるので聞き手がストレスなく話を理解できます。例えば人に「○○がオススメです」と何かを勧める際は、最初に結論を伝え、その理由、具体例、結論と順を追って説明すればわかりやすく話を展開できます。

またいくつか理由がある場合は、「ポイントが3つあります」などと最初に構成を伝えれば、聞き手は心構えができるのでスムーズに話を受け取ることができます。伝えたいことがうまくまとまらない方は、ホールポート法を意識してみると良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

日本アイラックは理想の『お客様相談室』構築・運営を全力サポートします。
選任担当者がおらず十分な対応ができていない
難易度の高いクレームが増えてきて困っている
スタッフによるスキル差が目立ちはじめた

……など

苦情・クレーム対応のことならお気軽にご相談ください。

※「クレームナビ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

03-5360-1403

お問い合わせ時間
9:30〜17:30(平日のみ)

お問い合わせ

関連記事