ホーム › 連載・コラム ›  【No.8】アクティブリスニング

【No.8】アクティブリスニング2017年8月28日

アクティブリスニングとは相手の話を集中して聴く「積極的傾聴法」こと。元々はカウンセリングにおけるコミュニケーション技法のひとつです。話し手の気持ちに寄り添う会話の方法なので良好な人間関係を築くことができます。

ポイントは相手の立場に立って話を聴くこと。クレームを伝えてくる顧客は何らかの不安や不信感を抱いています。それらを少しでも軽減するためにも、お客様の状況や感情を積極的に理解しようとしていることを態度で示すことが重要です。感心を持って相手の話を真摯に聞くことが、相手には好印象となって伝わります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

日本アイラックは理想の『お客様相談室』構築・運営を全力サポートします。
選任担当者がおらず十分な対応ができていない
難易度の高いクレームが増えてきて困っている
スタッフによるスキル差が目立ちはじめた

……など

苦情・クレーム対応のことならお気軽にご相談ください。

※「クレームナビ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

03-5360-1403

お問い合わせ時間
9:30〜17:30(平日のみ)

お問い合わせ

関連記事