ホーム › 連載・コラム ›  【No.115】クレームストーカー

【No.115】クレームストーカー2021年11月22日

クレームストーカーとは、表面的には苦情を装いながら、特定の従業員に対して執拗につきまとうような行動を示す人物のこと。接客業やサービス業などにおいては、お客様に対して親切・丁寧な対応が基本です。しかし、そうした対応を「好意」と勘違いした結果、迷惑行為に及んでしまうのが、クレームストーカーの特徴です。
 
中には単なる嫌がらせとして行なわれることもありますが、多くの場合クレームストーカーは、恋愛感情の裏返しとして行われます。気に入ったスタッフと接触を図りたいがために、苦情を名目にして一日に何度も電話をかけてきたり、何かと因縁を付けては面会を求めたりすることも。避けるような素振りを見せるとさらに執着心が増し、より一層つきまといがエスカレートするという悪循環を生むのです。
 
一般的に、恋愛感情を伴うストーカー行為は「ストーカー行為等の規制等に関する法律」(ストーカー規制法)が適用されます。しかしながら、クレームストーカーの場合は一見すると「苦情」のもとに行われており、恋愛感情の介在について判断がつきにくいことから、法律の適用が難しいと言われています。とはいえ、対応を放置するのは、企業としてあまりに無責任です。万が一にも従業員が被害に巻き込まれないよう、毅然とした態度で対処するよう心がけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

日本アイラックは理想の『お客様相談室』構築・運営を全力サポートします。
選任担当者がおらず十分な対応ができていない
難易度の高いクレームが増えてきて困っている
スタッフによるスキル差が目立ちはじめた

……など

苦情・クレーム対応のことならお気軽にご相談ください。

※「クレームナビ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

03-6625-5380

お問い合わせ時間 9:30〜17:30(平日のみ)

お問い合わせ

関連記事