ホーム › 連載・コラム ›  【No.56】PREP話法

【No.56】PREP話法2018年10月15日

PREP話法とは、わかりやすく簡潔に説明するための話し方の一種です。プレップ法とも言います。プレゼンなどのビジネスの場面で用いられています。「P→R→E→P」の順で話を展開することで要点を明確に伝えることができます。また最初に結論を述べるので要点が聞き手の印象に残りやすいのが特徴です。

話の流れとしては、以下の通りです。
①Point
 →最初に結論を述べる
②Reason
 →その理由を示す
③Example
 →事例や具体的な例を挙げる
④Point
 →最後に再び結論を述べる

このPREP話法は苦情・クレーム対応の現場でも活かせる話し方です。お客様のご要望に対して、できる・できないの判断を最初にお伝えし、次にその理由を述べて説明するような話の展開するば、回答を明確にお伝えすることができます。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

日本アイラックは理想の『お客様相談室』構築・運営を全力サポートします。
選任担当者がおらず十分な対応ができていない
難易度の高いクレームが増えてきて困っている
スタッフによるスキル差が目立ちはじめた

……など

苦情・クレーム対応のことならお気軽にご相談ください。

※「クレームナビ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

03-5360-1403

お問い合わせ時間
9:30〜17:30(平日のみ)

お問い合わせ

関連記事