ホーム › 連載・コラム ›  【No.38】例話法

【No.38】例話法2018年3月15日

例話法とは「例えば〜」と身近な例をあげて会話の説得力を高めるトーク術です。具体例をあげることでより、相手に親近感や安心感を与えることができると言われています。営業でよく使われる応酬話法のひとつですが、苦情・クレーム対応の現場でも役に立つ会話のテクニックです。

すべての方が話し上手とは限りません。うまく状況を説明することが苦手なお客様もいらっしゃいます。特に家電製品のトラブルなどで、込み入った説明を必要とする機械操作のお問い合わせを受けた際には、よくある状況やケースを具体例として展開し、使用している状況を想像してもらうと会話がスムーズに進むことがあります。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

日本アイラックは理想の『お客様相談室』構築・運営を全力サポートします。
選任担当者がおらず十分な対応ができていない
難易度の高いクレームが増えてきて困っている
スタッフによるスキル差が目立ちはじめた

……など

苦情・クレーム対応のことならお気軽にご相談ください。

※「クレームナビ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

03-5360-1403

お問い合わせ時間
9:30〜17:30(平日のみ)

お問い合わせ

関連記事