ホーム › 連載・コラム ›  【No.69】バイト敬語

【No.69】バイト敬語2019年5月17日

バイト敬語とは、特にコンビニやファミレス、ファストフードなどの接客現場でみられる独特の言葉遣いのこと。お客様に対して丁寧な言葉遣いをしようとするあまり、かえって不自然な言葉遣いをしてしまうときの表現を指します。代表的な表現としては以下のようなものが挙げられます。
 

バイト敬語 正しい表現
「〜でよろしかったでしょうか?」 「〜でよろしいでしょうか?」
「〜のほう」 「〜を」
「〜になります」 「〜です」
「1万円からお預かりします」 「1万円お預かりします」
「どちらにいたしますか?」 「どちらになさいますか?」

 
こうした間違った言葉遣いはお客様を不快にさせてしまい、クレームに発展してしまうこともあるので注意したいものです。言葉は習慣化してしまうとそう簡単には直りません。新人教育の際など初期の段階で、徹底して正しい表現を身につけましょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

日本アイラックは理想の『お客様相談室』構築・運営を全力サポートします。
選任担当者がおらず十分な対応ができていない
難易度の高いクレームが増えてきて困っている
スタッフによるスキル差が目立ちはじめた

……など

苦情・クレーム対応のことならお気軽にご相談ください。

※「クレームナビ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

03-6625-5380

お問い合わせ時間
9:30〜17:30(平日のみ)

お問い合わせ

関連記事