ホーム › 連載・コラム ›  【No.55】DESC話法

【No.55】DESC話法2018年10月1日

DESC話法とは、要望をうまく伝えるための話し方の一種。アメリカの心理学者バウアー夫妻によって提唱されたコミュニケーション手法です。交渉や頼みごとなど、相手を納得させたいときに有効だと言われています。「D→E→S→C」と、順を追って話を展開することで、しっかりと整理された状態で内容を伝えることができます。

話の流れとしては、以下の通りです。
①Describe
 →現在の状況を描写する
②Express、Explain
 →自分の気持ちを表現・説明し、共感してもらう
③Specify、Suggest
 →具体的な代替案と提示・提案する
④Choose、Consequence
 →選択し、結論づける

人は“怒りの感情”に左右された状態では話がスムーズに入ってこないことも多いので、話す側が状況を整理してからお伝えする必要があります。整理された話し方のひとつとして、こういった話法を意識するのも良いでしょう。

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

日本アイラックは理想の『お客様相談室』構築・運営を全力サポートします。
選任担当者がおらず十分な対応ができていない
難易度の高いクレームが増えてきて困っている
スタッフによるスキル差が目立ちはじめた

……など

苦情・クレーム対応のことならお気軽にご相談ください。

※「クレームナビ」を見たとお伝えいただくとスムーズです。

03-5360-1403

お問い合わせ時間
9:30〜17:30(平日のみ)

お問い合わせ

関連記事